デザイン住宅を愛知県(全域)、岐阜(一部)、静岡(一部)、三重県(一部)でお考えならOFFICE K +DESIGNにご相談ください。

住まいの構造|デザイン住宅を愛知県(全域)、岐阜(一部)、静岡(一部)、三重県(一部)でお考えならOFFICE K +DESIGNにご相談ください。地震に強いデザインセンスのある住宅を好みの構造、材料で検討いただけます。

OFFICE K +DESIGN

住まいの構造

下記の写真のように壁の中に隠れている部分になります。
※一部例外あり。

住まいの構造

家を支える主な材料には「木」、「鉄」、「コンクリート」があげられます。
弊社が提案させて頂くのはその内の「木」「鉄」になります。
※工法は下記のようになります。

在来工法(真壁)(大壁)

在来工法(真壁)(大壁)

「柱」+「梁」+「筋交い」が主軸となり力が伝わります。
このため比較的ゆとりのある窓開口、部屋スペースが取れます。

2×4工法(2×6工法)

2×4工法

「2×4材」「2×6材」で枠を作り、その枠に板を釘止めすることにより、面(板)に力が伝わります。
このためものコック構造(1つの箱)となり強度のあるつくりとなります。反面窓開口などに制約が生じることがあります。

ログハウス工法

ログハウス工法

ご存知の通り丸太や角材を組み合わせる工法で、主に骨太の壁、梁に力が伝わります。
強度については丸太や角材が太く、強度がある反面、開口などに制約が生じることがあります。

重量鉄骨工法

重量鉄骨工法

「柱」+「梁」+「筋交い」が主軸となり力が伝わります。
このためかなりゆとりのある窓開口、部屋スペースが取れます。
お問合せフォームはこちら

PageTop