省エネ基準について

断熱性能

CADと連動させることにより断熱材、サッシなどの性能による断熱性能の違いを数値化。こだわりの性能住宅を実現できます。


①次世代省エネ(標準設定)


  • 屋根 200mm(グラスウール)
  • 壁  100mm(グラスウール)
  • 床  100mm(押出法ポリスチレンフォーム)

その他の条件

アルミサッシ、Low-Eペアガラス、UA値0.87、Q値2.7など


②ZEH(標準設定)※断熱性能のみ


  • 屋根 200mm(グラスウール)
  • 壁  100mm(グラスウール)
  • 床  100mm(押出法ポリスチレンフォーム)

その他の条件

アルミ樹脂複合サッシ、Low-Eペアガラス、UA値0.6、Q値2.0など


③HEAT-20 G1


  • 屋根 300mm(グラスウール)
  • 壁  100mm(グラスウール)
  • 床  100mm(押出法ポリスチレンフォーム)

その他の条件

樹脂サッシ、Low-Eペアガラス、UA値0.56、Q値1.9など


④HEAT-20 G2


  • 屋根 300mm(グラスウール)
  • 壁  100mm(グラスウール)+25mm(OP)
  • 床  100mm(グラスウール)

その他の条件

樹脂サッシ、Low-Eトリプルガラス、UA値0.46、Q値1.6など

※北海道省エネ基準相当


⑤Q1

※現在検討中


※下記は目安の参考数値

  • 屋根 300mm(グラスウール)
  • 壁  200mm(グラスウール)
  • 床  100mm(押出法ポリスチレンフォーム)

その他の条件

樹脂サッシ、Low-Eトリプルガラス、UA値0.24、Q値1.0など

※日本のトップレベル基準


⑥パッシブハウス

※現在検討中


※下記は目安の参考数値

  • 屋根 400mm(グラスウール)
  • 壁  300mm(グラスウール)
  • 床  150mm(押出法ポリスチレンフォーム)

その他の条件

樹脂サッシ、Low-Eトリプルガラス、UA値0.13、Q値0.7など

※ドイツのエコハウス基準